Asso di Fiori  
Google
全サイト内検索
BROS Top
 Concept
 
 Maintenance
 Refine
 Helmet
 Outfit
 Tools
 Parts
 Aces high
 Links
 Bike
 Calligraphy
 D.I.Y.
 
 
Home
Links conf
Links af
Express
Replacing of Stem-bearing
   メンテナンスフリーで長期性能維持なら、迷うことなくテーパー型をおすすめします。
 どちらにしてもオイル切れは致命傷
 
純正ベアリング    
 純正の球で構成されるステムベアリングによる、クイックでスムーズな(起動摩擦係数と動摩擦係数に差がないため)動作は嫌いではない^^
が、
 ステム周りを分解するたびに転がり出すんで
 ちょっと・・・ね

 転動体をレースではさみ込むように組み付けられるスラスト アンギュラ ベアリング。
 球状の転動体に保持器(お互いが接触しないようにする)がないため
 円滑な動きをしないことがある(高速で運動することがないので良しとされている)。
 また、オイル切れや埃により球が偏摩耗を起こしレース(軸受)が傷つくことによりスムースな動きをしなくなる。
 純正は接触角が15°なのでラジアル方向の荷重に弱く、ひとたびラジアル方向のガタ(前後でカクカク動くなど)が出始めると転動体の破壊、レース割れなど性能の崩壊が早い。
 
     
テーパーベアリング      
 SSK製 SSH-903R

 ステンレス製のニードルで構成された正確には円錐ころ軸受ベアリング。
 ころが保持器によって固定されているのでころがばらばらになることはない。
 埃の侵入などを抑制するために外輪と内輪間にグリス充填により保護することもある。

 純正のステムベアリングは転動体に球と軸受で構成されるアンギュラ ベアリングだと点接触のため経年により軸受で発生する段付き、オイル切れや錆びによる変摩耗などが起こり易いが、ころによる線接触なので剛性が高く、荷重を分散させて受けることができる。
 適正な動きを得るための隙間管理は難しいですけど、反面線接触なのである程度の締め過ぎが起こっても、負荷容量が大きいのでスムーズな動きを得られる。
 
 基本的に点接触でなく線接触なので回転トルクは大きい。玉軸受も同じだが、締付トルクによって動きのスムースさが変わりやすい。
 テーパーベアリングに変更したら重くなった、渋くなったという原因は締めすぎによるものが多いと思われる。

楽天 EC JOY
SSK
SSH-903R
テーパーベアリング
5419+0


楽天 PartsBoxSys
SSk製
SSH-903R
テーパーベアリング
5210+735
グリス    
   ZOIL スーパーゾイル ケミカル グリス ZG100

 等速ジョイント、ステムおよびリンク回り、エンジンの組付けなどに使用。
 金属表面を平滑にすることにより異音を解消。
 1000Kgを超える極圧に耐える合金を形成し、摩耗の進行を飛躍的に 軽減。
 -35℃〜+130℃(沸点320°)と幅広い温度条件下での使用可能。
 潤滑面に強力に付着し泥や水などの進入を防ぐ
 水や水蒸気にさらされても乳化しにくく優れた防錆効果

 チェーンに試しに使用してみたところ、不要に多く塗りすぎた部分以外は飛び散りも少なく
 チェーンローラーのベアリングに使用しても高温で垂れてくることもありません。
 ということで、普通のグリスを使うならこちらの方が断然良いと思います。
 
楽天 Dimention3
ZOIL
ゾイル ケミカル グリス
100g
1940+600
参考資料 http://www.ntn.co.jp/japan/products/catalog/pdf/rolling/pdf/bearing_a005_011.pdf  
 Next
アフィリエイト・SEO対策